20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

docomoの維持費を0円にする方法

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20190307220623p:plain

諸事情によりdocomoの携帯を使わないと行けなくなりました。

嫁が格安SIMのUQモバイルを使っているので、9GBを2500円で使えるぞー!なんてルンルンで考えていたのに急転直下。docomoだと5GB使うのに6,000円…だと...

どうにか維持費を下げる方法が無いかと調べてみると、どうやら月額0円で5GBをdocomoを利用できる方法があるとの情報をゲット。

今回はdocomoの携帯料金を無料にする技について紹介していきます。

 

普通に5GB使った場合の維持費

5GB使う想定で一番基本的な料金プランにしても、6千円はかかります。このまま利用するのはちょっと厳しい料金設定です。

  料金 備考
シンプルプラン 980円 電話料金
SPモード 300円 ネットする為
ベーシックパック(5GB) 5,000円 5GB分の料金
合計 6,280円

 維持費0円で5GB使う方法

月々サポートを利用しよう

結論から言うと月々サポートを複数回線利用することで、維持費を0円にする事が可能です。

月々サポートは、端末購入代金を24ヶ月間で、毎月の利用料金から割引してくれる制度のことです。24ヶ月で実質0円でIphoneなんたらが買えま〜す!なんてやってる奴ですね。

端末を購入することで適用される割引なのに、機種購入代金の割引ではなくて、毎月の利用料金に割引が効いているのが特徴になります。

では、月々サポートでの割引がかかると、どの位安くなるのか見ていきましょう。

みんな大好きIphoneXSの2019/03/04時点の割引額は、月々2,440円でしたので、これを例に記載してみます。

docomo月々サポート 一覧【毎日10時更新】

月々サポート後の5GB料金

まぁ多少金額が低くなったものの、格安Simに比べたら、3,840円はまだまだ高いですよね。でもこの金額から更に割引を効かせる方法があります!

  料金
シンプルプラン 980円
SPモード 300円
ベーシックパック 5,000円
月々割 -2,440円
合計(月)

3,840円

ベーシックシェアパックを利用しよう

ベーシックシェアパックは、データ通信量(パケット)を家族で分け合って、使った分データ量に応じて、自動的に料金が決まるプランです。

ただ、家族で使った分だけ!と書いてあるものの、自分で複数回線(Max5回線)まで契約することも可能です。

ベーシックシェアパック

ここでポイントになって来るのは、子回線に限り契約内容によって維持費 < 月々サポートで利用することが可能な所です。

子回線で維持費 < 月々サポートになった超過分の割引は、親回線の維持費から割引となるんです。

では具体的にベーシックシェアパックの上限5回線をIphoneXSで契約したらどうなるか見ていきます。

シェアパック利用後の5GB料金

ここまで来ると、格安Simとも遜色ない安さを実現出来ますね。

正直Docomoという正規キャリアを1,500円で使えるなら満足な気もしますが、ここから更に割引効かせる事が可能です。

  1台目 2~5台目 備考
シンプルプラン 980円 (1台)980円
(4台)3,920円
電話料金
SPモード 300円   ネットする為
ベーシックシェアパック 6,500円 - 5GBの料金
シェアパック - (1台)500円
(4台)2,000円
 
月々割 -2,440円 (1台)-2,440円
(4台)-9,760円
 
合計(月) 5,340円 (1台)-960円
(4台)-3,840円
 マイナス超過分は1台目(親回線)の割引に
合計(まとめ) 1,500円 0円  

 

学割/ウェルカムスマホ割を利用しよう

学割

25歳以下なら1回線だけですが、13ヶ月の間、1500円割引となるサービスです。(学割とウェルカムスマホ割の併用不可)

ウェルカムスマホ割

Docomo回線に乗り換える際ににガラケーからスマホに乗り換えると13ヶ月の間、1500円の割引となるサービスです。(学割とウェルカムスマホ割の併用不可)

学割は25歳までの年齢制限がありますが、ウェルカムスマホ割は乗り換えの時にガラケーを用意する事で、自分が普段使っている端末がスマホだったとしても、適用することが可能となる割引だそうです。

どちらかの割引を一つでも適用できれば、13ヶ月間の維持費0円達成です!

そもそも端末代金がかかってるじゃん!という話

いやいや、そもそも月々サポートって端末代金を24ヶ月で割引いてくれてるだけで、端末購入時に端末代金かかってるじゃん!と思った方は正解です。

ここで大切になるのが、以下の2点です。

1.MNPでお得に乗り換える

2.4台分のIphoneXSが余っており、売却代金が見込める

携帯の回線を作る方法は新規契約、機種変更、MNPの3つありますが、MNPで携帯会社を乗り換えるのが一番お得です。

端末の代金が安くなったり、月々割の金額が大きくなったり、案件によっては端末代金が0円になったりと様々な特典があります。

具体例で行くと、2月末日のMNP案件で、40000円でIphoneXSが購入できる物がありました。

また、同時期のIphoneXSの買取価格の相場は は102000円。単純計算で1台につき62000円の利益です。

多少維持費がかかろうが、端末の買取によって実質無料どころか、維持費0円➕利益まで見込めます。

この方法を使う為にはすべての回線をMNPで乗り換えることが重要ですが、1回線しか持ってない人が殆どだと思います。

その為、MNPでdocomoに乗り換える数だけの回線を、別の会社で新規回線として作る必要があります。

注意事項

一度に契約できるのは1人につき、2回線まで。ただし、家族(嫁や子供)の分を契約すればその限りではありません。

あくまで一人の契約者について、一度に契約出来るのが2回線までです。

また1人で利用する場合にも、契約から3ヶ月後に追加の2回線を契約することが可能です。

まとめ

さぁ理論は分かりましたが、本当に月額料金を0円に出来るのか、チャレンジしてみたいと思います。

自分は現状1回線しか持っていないので、まずはMNP乗り換え用の回線を作るところからスタートです。

興味を持った方は是非docomo5GB利用の維持費0円にチャレンジしてみてください!