20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

初心者がタッチタイピング1ヶ月やってみた!タイピングスピードと正確性の変化!

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20171026212018p:plain

この記事では、初心者が1からタッチタイピングを習得してみた結果、1ヶ月のタイピングスピードと正確性の変化について書いています。

タッチタイピング習得してみたいけど、どのくらいスピードが上がるの?正確度が上がるの?なんて事がわからないと、自分の時間を投資してまで学ぶ気になりませんよね。

そこで自分が一ヶ月毎日10分間、合計5時間タッチタタイピングを学習した際のスピードと正確度の変化をデータとしてご紹介します。

もちろん、あなたの今のタイピング方法にもよりますが、5時間でこのくらいは変わるのか!と一つのサンプルとしてどうぞ!

 

計測方法について

もっとも有名なタイピング練習サイトのひとつであるe-typingでは 、「腕試しチェック」という機能を利用して、自分のタイピングのレベルやスピードや正確性を診断する事ができます。

f:id:jai4408huro:20171026081259p:plain

今回はこの「腕試しレベルチェック」機能で測ったデータを用いて、一ヶ月の変化を見ていきます。ちなみにランク付けはこんな感じ。

サラリーマンなら、オフィスワークでは困ることのない、Aランクを目指したいですね。

f:id:jai4408huro:20171026082349p:plain

一ヶ月での変化

レベル編

f:id:jai4408huro:20171026084044p:plain

1ヶ月毎日タッチタイピングを練習した結果、今ではコンスタントにA+以上を取れるようになりました。

X軸の0が初回に自己流のタイピングで計測した結果となっています。

実はこの時点で既にAランクが取れていましたが、1ヶ月もしない内に自己流のタイピングと同じ、あるいはそれ以上にタイピングが上手くなったんですね。

あんまり変わってないように見えますが、果たして5時間投資する価値があったかというと、答えはイエスです!

タッチタイピングが出来るようになる様々なメリットについては、是非下記の記事を読んでみてください!

早いだけじゃない!タッチタイピングを1ヶ月継続したら、人生充実し始めた話 - 20代 3日坊主が 色々と

WPMと正確性編

f:id:jai4408huro:20171026082852p:plain

WPM(1分でのタイプ文字数)でいえば、自己流の方が多かったですが、正確率はタッチタイピングを学習始めてからの方が上がっています

実務で使うとなると、タイプミスした文字を削除したり、思考が途切れたりするので、早いよりも正確率が高い方がとストレスを感じにくいです。個人的にはこのWPMの差は、全く気になりません。

自己流のタイピングには限界を感じていましたが、タッチタイピングはまだまだ発展途上なので、今後継続的に学習していけば、自己流タイピングのWPMを超えるこも、時間の問題と言えそうですしね。

1ヶ月毎日10分で自己流のタイピングのレベルを超えられるかも知れないタッチタイピング!あなたも挑戦してみませんか?

関連記事

早いだけじゃない!タッチタイピングを1ヶ月継続したら、人生充実し始めた話 - 20代 3日坊主が 色々と

→タッチタイピングのメリットについて

タッチタイピングできない?自己流でも速さは変わらないから大丈夫・・・かも? - 20代 3日坊主が 色々と

→タッチタイピングVS自己流タイピングについて