20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

自己投資先に迷っている人は、まずは時間に投資すれば良い

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20170529080415j:plain

社会人なら自己投資をしよう、自分を高める為にお金を使おう、なんてよく目にしますが、自己投資といっても種類はたくさんありますし、何から手をつければ良いかわからないなんて人も多いでしょう。

自分に必要な自己投資なんて、わからないものです。そんな自己投資先がわからないと悩んでいる方、誰にでもおすすめできるのが、時間への投資です。

人生の一時間いくらで買いますか?

人生で一時間を変えるならいくらで買いますか?と聞かれて、具体的な金額を即答できる人は少ないんじゃないでしょうか?

ちなみに自分の場合は、約1,300円以下で一時間が買えるなら、それらにお金を使うように意識しています。

計算方法はお給料を労働時間で割っただけ。ちなみにサラリーマンの給料を時給換算すると平均「1486円」なんだとか・・・私の給料・・・低すぎ・・・? 

買った時間でお金が手に入るわけじゃない?

時間をお金で買う考え方について話すときに、その時間分働いている訳ではないので、給料は貰えないし、意味の無い考え方だと指摘する人がいます。

確かに直接収益が増える訳ではないので、その増えた時間が価値ある物となるか否かは、その人の時間の使い方に左右されます。

浮いた24時間でキャリアアップを図るもよし、リスク分散の観点から副業や投資に力を入れるもよし、健康づくりに費やすも良し、電気会社の変更などで固定費を削減する術を調べるのもいいですね。

浮いた時間で、自分の時給分以上の価値を生み出すという意識が大事だと言えます。

自身の時給が、自分が1時間で産む出す価値に対して支払われている対価だと考えると、その時給分の価値くらいは自分で会社に依存しなくても生み出せるはずなんですよね。

時間を買うってどうやるの?

夜行バスではなく新幹線を使うだとか、家事代行サービスを利用するなど時間をお金で買う方法は様々ですが、個人的には継続的に時間を生み出してくれるものに投資することをおすすめしたいです。

例えば1万円高くなっても30分通勤時間が短くなる場所に引っ越すだとか、洗濯乾燥機を購入して洗濯にかかる時間を短縮するとかですね。

一回こっきりの時間短縮は消費として使ってしまいやすいので、継続的に時間を生み出してくれるものに投資する事で、一回だれてしまっても、生み出した時間を価値ある時間として利用出来る機会を増やせると感じています。 

時間を見える化しよう

さきほどの通勤時間の例ですが、1万円で毎日の通勤時間を30分短縮できたとすると、一ヶ月で20時間の短縮となります。

Amazonで20時間が1万円で売っていたら、喜んで買うと思うのですが、家賃にプラスで1万円出せる人は少ないんじゃないでしょうか?

時間を金額で換算する癖をつけておくと、時間に対して投資する事に抵抗がなくなります。

時間への投資で更に投資を

時間に投資する事のメリットは、余剰時間が産まれる事でさらに投資を行える事だといえます。時間がないと何もできないのはご存知のとおり。

自己投資先に迷っている人には、まずは時間に投資して、さらなる投資に繋げる為の時間を作るのをおすすめしたいです。

関連記事

投資として家電を選んだ結果、洗濯乾燥機を買いました - 20代 3日坊主が 色々と

20代でも家事代行サービス!Casyをお試し利用してみた評価! - 20代 3日坊主が 色々と