20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

従業員持株会のデメリットを払拭する、おすすめな利用方法について

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20170612074858j:plain

ご自身のお勤めの会社の福利更生制度として、従業員持株会はありますでしょうか?

持株会とは、自身の勤めている会社/グループの株を、毎月一定額購入して、積立を行う制度です。

持株会があるが、制度がよく分からないからと利用していない方。また、メリットがあるにも関わらず、巷で語られるデメリットを気にして制度を利用してない方。

上記の方に向けて、持株会の基礎知識やメリット、デメリットを払拭する持株会の賢い使い方について紹介します。

 

持株会のメリット/デメリット

まずはじめに、持株会のメリットとデメリットについて紹介します。

持株会は福利厚生制度ではありますが、社員だけでなく会社側にもメリットがあります。

会社側メリット

会社側のメリットとしては、長期に渡って株を保有/購入してくれる人を増やすことで、株価が下がりにくくなる効果が見込まれます。

株価は外部の人が会社を評価する基準の一つなので、株価を安定的に下支えしてくれる従業員の存在は会社側からすると、貴重な存在なんですね。

後ほど詳しく説明しますが、社員が自社の株式を自由に売買するのには超えるべきハードルがあるので、長期に渡って安定的に自社株式を保有/購入してくれる率が高くなるのがミソです。

社員側メリット

奨励金がもらえる!

f:id:jai4408huro:20170612204052p:plain

私が持株会に加入している、一番大きな理由がこれ、奨励金が貰えるからです。

会社によって金額は違いますが、積み立てている金額の5%ー10%ほどを、自社株を購入するための、支援金として受け取ることができます。

福利厚生制度は、いろいろあると思いますが、単純にお金を貰っているのと同様な効果が見込めるものは少ないのではないでしょうか?

株式ということで難しく感じられるかも知れないですが、10%を奨励金として受け取れる場合には、10,000円の積み立てを行い、11,000円分の株式を購入できるということです。

株式の値段が前後するので一概に得するとは言えませんが、投資した瞬間に5%~10%の利益が見込める金融商品なんて殆どありません。銀行に預けても0.01%が関の山の現在、この奨励金の額はすごいですよね。

もちろん、会社側にもメリットがあってのことなので、怪しいなんて 事もありません。

大金がなくても自社株が購入できる

f:id:jai4408huro:20170612204133p:plain

株式を購入するためには、まとまった金額が必要なことが多いです。例えば天下のTOYOTAに投資しようと思ったならば、今日の株価で58万円が一括で必要です。

ところが持株会は積み立て投資となっているため、普通は分割購入ができない株式を少額から少しづつ購入することが可能です。上記の例でいえば、58万円分の内、1万円1千円分を購入する事が可能です。

まとまった金額が必要な株式の購入を少額からできるのが、持株会のもうひとつのメリットとなります。(自社株に限られますが・・・)

デメリット

株式相場の変動により、損する場合にも

いくら奨励金を貰ったとしても、それ以上に株価が下がればもちろん損する場合もあります。何年も積み立てたお金が一瞬で原本以下に・・・なんてことも。

株式を売却するまでが大変

毎月積み立てた自社株を売却できるのは、単位株(株式が売買できる最小単位)分の株式を購入してからです。先ほどのTOYOTAの例でいけば、毎月積み立てた株式が58万円分になってからしか、株式を自由に売却してお金として受け取ることはできません。

また、売却する前には社内手続きで、会社の持株会から自身の証券口座に株式を移動して貰う必要があります。会社としては長期に株式を保持して貰いたいので、社内手続きは面倒なことが多いみたいですね。

これに加えて、インサイダー取引の恐れがあるので、株式を売却できる期間には制限があったりと、株式を売却するまでは乗り越えるべきハードルがたくさんあります。

【共倒れリスク】会社の景気に左右され、会社と運命を共にするかも 

毎月のお給料も会社から貰い、持っている株式も会社のもの。自分の家計を会社に預けているようなものです。

もし会社の景気が悪くなってきて、お給料カット、ボーナスカット、株価低迷なんてことになれば、家計は悲惨なことになること間違い無し。これで会社が倒産なんてした日にはせっかく積み上げた株式が紙くずになることも十分にありえます。

会社と運命を共にする覚悟があるのならともかくとして、持株会を利用する際には、家計を会社に依存しすぎないように注意が必要です。

持株会のおすすめ利用方法

f:id:jai4408huro:20170612204349p:plain

メリットとデメリットもある持株会ですが、上手に利用すればお得な制度であることは間違いありません。 一番おすすめな利用方法は、単位株になった際に引き出して売却してしまう方法です。

ステップとしては、簡単2ステップ、以下のとおりです。

①毎月一定額を積み立てる
②単位株になったら、持株会から自身の証券口座へと株式を移動し、売却する

ここで一番気にして貰いたいのは、売却できるタイミングで売却する点です。株式投資を行う上で難しいのは、利益のでるタイミングで株式を売却することです。

ただ、持株会で購入した株式に関しては、購入した時点で奨励金分の利益がすでに出ている状態なので、多少の損失があろうが、奨励金で補える程度であれば、すぐに売却してしまうことをおすすめします。

デメリットで記載したように、自社株を保持している事は、会社との共倒れリスクを抱えることになります。

持株会で購入した株式に関しては、株といえども奨励金を現金化する方法くらいの認識でいるといいと思います。株式で利益を出したいのであれば、自社株以外の株でやりましょう。

まとめ

持株会があるが、制度がよく分からないからと利用していない方。また、メリットがあるにも関わらず、巷で語られるデメリットを気にして制度を利用してない方。

メリットもデメリットもある持株会ですが、会社に持株会の制度があるのであれば、無理のない範囲で、是非この制度を活用することを検討してみて頂きたいです。

普通に貯金していても、スズメの涙にしかならないこの時代。会社から奨励金をもらえる持株会は十分に検討の余地があるかと思います。わからない、リスクがある、で終えるのではなく、かしこく利用するのはいかがでしょうか?