20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

寝不足がつらい・・そんな1日を乗り切る黄金対策パターンを紹介する

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20171226075327p:plain

睡眠不足について調べていると、大抵予防法(睡眠の質の上げ方)は紹介されているのですが、困ってるのは寝不足を感じているその日ですよね。

今回は寝不足当日に、実際に試して効果の高かった対策パターンについて1日の時系列で紹介していきます。

 

朝:カフェインの摂取

眠気覚まし界知名度No1の座を欲しいままにする、カフェインさんですが、カフェインには脳を覚醒させる効果があるため、眠気覚ましとしての効果を発揮してくれます。

ただし、カフェインで得られる効果は眠気覚ましではなく、あくまで眠気騙しです。

一時的に脳が興奮状態にはなるものの、カフェインの効果が切れると一気に眠くなってしまうのである種のドーピングみたいな物ですね。

カフェインの眠気覚まし効果の持続時間は、摂取30分後~4時間程度だと言われているので、出社30分前程度にカフェインを摂取して、午前中はカフェイン効果で寝不足を乗り切っていきましょう。

TODO:コーヒー/緑茶/エネジードリンク等のカフェインの摂取
時間:出社30分前程度

昼:仮眠

睡眠不足に対して当日中に根本原因の対処ができるのは、仮眠くらいしかありません。これに勝る睡眠不足の対処法は無いと言い切れる位に効果がありますよ。

まずは、どうにか15~20分の仮眠を取れる時間を作れ無いか、1日のスケジュールを立ててみませんか?

仮眠に対しあまり良いイメージを持っていないかも知れませんが、15~20分の仮眠の時間ケチる方って作業するよりも、確実に業務効率が上がります。短時間だし効果無いのでは?と思っているのであれば大きな間違いですよ!

睡眠不足を感じているのであれば、何はともあれ15~20分の仮眠を取れるように1日をスケジュールしてみてください。一度でも試せば効果が実感できるはずです。

会社でのお昼寝を最高に快適にするおすすめ快眠グッズ3選!! - 20代 3日坊主が 色々と

TODO:仮眠
時間 :15~20分

夕方:リズム運動

体を動かすと目が覚めるなんて話を聞いた事があるかも知れませんが、どのような運動でも良い訳ではありません。

眠気覚ましには、脳を覚醒させる効果がある「セロトニン」を分泌させる「リズム運動」が必要なんです。

「リズム運動」の具体例としては、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、太極拳などがあげられます。ただ、仕事中に取り組める事ではないですよね。

職場できる「リズム運動」としては「ガムを噛む」なんて物がありますね。20分程度ガムを噛み続ければ、「セロトニン」濃度が上がる事が分かっています。

個人的なおすすめとしては、壁腕立て伏せです。20回×3セット行うだけなので、疲れはしないのですが血が巡って目が冴えるのを感じるはず。時間も場所もとらないので、職場でも比較的行いやすいのがオススメポイントです!

TODO:20回×3セットの壁腕立て伏せ
時間 :3分

まとめ

寝不足は事前に予防するのがベストなのは間違いないけれど、毎日規則正しく生活するなんて難しいですよね。

つらい時には、今回紹介した対処法を試していただいて、1日1日をよりベターなコンディションで過ごして頂ければ嬉しいです!

関連記事

早起きを習慣化して分かった!早起きのメリットと継続の方法3選! - 20代 3日坊主が 色々と

ホットアイマスクは低温火傷しないのか?寝る時につけて良いのか?について調べてみた! - 20代 3日坊主が 色々と