20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

【結婚】引出物を郵送するメリットを強く実感したのでおすすめしたいって話

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20180228190705p:plain

この記事では、実際に引出物を郵送して分かった、メリットやデメリット、節約額についてについて紹介していきます。

引出物って結婚式には不可欠だけど、2次会に参加するゲストには邪魔だろうし、挙式会場で準備してくれる引出物は割高。。。そんな時に検討したいのが、引出物の郵送です!

メリット

新郎新婦①:節約-引出物料金編

挙式会場で用意される物は、基本全て仲介料金がかかっています。

会場さんもボランティアでやってる訳ではないので、当たり前ですよね。

仕入れ先の利益+会場の利益がかかってくるので、市販の物に比べると3,4割ほど高くなりがちです。

引出物を郵送にする事で、余計な料金を払う事を防ぐ事ができるので、会場で注文する仲介料金分を払っていない分だけ安くできる事が多いです。

実際の品物を比較した訳ではないので正確には言えませんが、郵送の品物も会場で用意されている品物に比べて、クオリティが下がるなんて事もないでしょう。

新郎新婦②:節約-持ち込み料金編

会場で用意すると高いからといって引出物を持ち込もうとすると、300~500円の持ち込み料金+150~300円の引出物を入れる袋の料金がかかる場合が多いです。

持ち込みをして結果1つの引出物につき、800円高くなるんだったらあまり意味がないなぁと思い、持ち込みをやめて郵送しました。

新郎新婦③:贈り分けがしやすい

引出物はご祝儀の金額を事前に予想して、ゲストによって贈る物の金額を変えるのがマナーとされています。

自身の結婚式でも友人・親族・会社上司と引出物の金額を変えてお渡ししました。

わざわざ他のゲストの引出物袋を覗き込む事なんてしないとは思いますが、明らかに自分と他のゲストの引出物のサイズ感が違っていたら多少は気になりますよね?

引出物を郵送すると、こういった気遣いが不要になるので、かなり自由に贈るものを選ぶ事ができました。

新郎新婦④:引出物セットで準備楽々

メリット③で紹介した贈り分けがしやすいと矛盾する所もありますが、引出物を選ぶ時間が無い場合には、引出物3点と配送料とメッセージカードがセットになった「引出物セット」なんて物もあります。

自身の結婚式では、引出物を用意するのがギリギリになったしまったため、引出物セットの金額で贈り分けを行いました。

ゲスト①:手ぶらで帰れる

2次会に参加するゲストや、自身の実家が遠方だったので親族や地元の友人には好評でした。特に2次会では身軽でいたい、女性ゲストには好評でした。

引出物って3商品も入っているので、以外とかさばって邪魔なんですよね。

あとは予想外のメリットとして、2次会会場のスペースを圧迫しないってのも地味に嬉しい所です。

デメリット

プランナーが嫌がる場合がある

利益が圧縮されるのプランナーがあの手この手で、引出物を会場で用意させようとしてきます。

ただ他の持ち込み品みたく、料金が安くなる事だけが目的検討の余地もありますが、ゲストにもメリットがある事なので、プランナーさんの事情はともかく、しっかりと引出物を郵送にする事をおすすめします。

両親や親族が嫌がる場合がある

自身の結婚式では何も言われませんでしたが、結婚式当日に引出物をもらうのが当然、引出物がその場で用意されていないと失礼。なんて考える人も中にはいます。

親族は付き合いの中で、そういった空気感が作り出されている場合があるので、一言両親に確認しておくと、当日親戚から嫌味を言われて大切な日が台無しに・・・なんてことが起こり得るので注意しましょう。

ゲストに引出物がないと思われる?

ゲストの事を思って郵送にしたのに、当日引出物がないために、結婚式中にガッカリされたら嫌ですよね。

ゲストが引出物が無い事で嫌な気持ちになる事がないよう、司会者から、引出物は郵送で後日届ける旨を必ず伝えてもらいましょう。

私たちはアナウンスの他、手書きのメッセージカードに引出物を郵送する事を書きました。

結局いくらの節約に?

挙式会場で準備する引出物は、3点セットで最低6,000円からでした。

同じようなセットがネットで4,600円から注文できたので、50人のゲストに対して、単純計算700円×50人で35,000円程度は割引できたかと思います。

贈り分けする事を考えると、最低価格の物で揃える事は不可能なので、節約額としてはもっと節約できたと言えるでしょう。

 

まとめ

・引出物を郵送する事で結構な節約に

・ゲストにも嬉しいので、節約のためにってイメージは持たれづらい

・両親や親戚付き合いも加味して決めよう 

自分たちにもゲストにもメリットのある、引出物の郵送!是非とも検討してみてくださいね。