20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

【2017年4月】 20代が自分の資産について考えてみた

スポンサーリンク

毎月恒例、自分の状況を整理する為にも、ゴールを定める為にも、持っている資産についてまとめてみたいと思います。20代前半の資産のひとつのサンプルとしてどうぞ。

資産編

株式:292,200(▲71400円)

投資信託:259,073円(+35,723円)

マイル :86,629マイル(+20,000マイル)

SBIネット銀行:636,080円(+250,847円)

ソーシャルレンティング:120,000円 (12ヶ月間)

 

資産合計:1,393,982円

 

負債編

クレジットカード:584,431円

 

負債合計:584,431円

 

総合計:584,431円

 

1,383,982円-584,431円=809,551円

資産合計 :809,551円

   (先月):877,925円

   (増減):▲68,373円

 

赤字家計が止まらない!黒字家計を取り戻せ!

先月から赤字が止まりません。GW旅行やプロポーズに向けた準備などの大型出費があったので、しょうがないといえばそれまででですが、前々から企画していた物ではあるので、準備不足が否めませんね。

また、4月は歓迎会やプロジェクトのキックオフなど、若手が飲み会の代金の建て替えに奔走する月でもあります。気づけばクレジットカード利用額が60万円近くに・・・集金すれば済むお金とはいえど、自分の手取り以上の金額の支払いが溜まっているのは気持ちいいものではありません。

6,000ポイントを手にいれる為のバイト代だと思っているだけいいのですが、かたくなにキャッシュにこだわる人達は、何をモチベーションに頑張っているのでしょうか?

最近は投資にも力を入れ始めており、去年に増してお金の管理をしっかり行っていきたいところ。加えて最近周りの同期と話していたところ、自身の娯楽費が平均よりもだいぶ高いことに気づいてショックを受けたので、来月からは細やかな生活費についても記載していきます。

投資は余剰資金で行いましょう

投資に入れ込んだ結果、キャッシュがクレジットカードの支払い分ギリギリしか残っていません。投資の大原則として、余剰資金で行うことが挙げられるのですが、全く守れていません。
自身が働けなくなった、急な出費が発生した場合に備えて3ヶ月分の生活費は持っておくべきです。
今回は旅行とプロポーズ資金に、この生活防衛金が持ってかれてしまいました…本当は名前の通り、緊急の出来事の為にとっておくべきお金なので、また貯め直すとします。

投資に入れ込んで大損失なんてのが失敗の典型ですからね。自分にあった金額、時間、投資法を見極めて、身の丈にあった運用をしていきましょう。