20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

TOEICの点数が高いと、年収が上がるし転職が有利になるのは本当か?

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20170222081546j:plain

学生時代TOEICで960点を取得したおかげで、会社では英語関係の業務の依頼・相談をされる事があります。仕事のできない若手の内から、依頼される仕事があるのはありがたいです。

ただそんな事よりも、TOEICで高得点を取得していると、給料が平均より高くなりやすい!転職も有利になる!との具体的メリットのある噂が気になったので調べてみると、どうやらこの噂、本当でした。

ここでは、具体的なデータを使ってTOEICの高得点を取得してる事で、年収が上がり転職が有利になる事をご紹介していきます。TOEICの勉強をしている方や、既に高得点を取得している方必見です。

TOEIC700点代以上ではスコアの高さと年収の高さに相関が

f:id:jai4408huro:20170223080301p:plain

上記のグラフは、転職に関するサービスを提供しているDODAが10万人のデータを用いて行った分析の結果です。

このグラフから700点以上のスコアを保持している人の平均年収が、右肩上がりなのが分かります。

TOECの点数が高い=年収が高い!ではないですが、やはりTOEICスコアと年収の間にはある程度の相関はあると十分言えそうです。

また、各スコア取得者の平均年齢は33歳前後なので、年齢による年収の違いが関係しているわけでもありません。

TOEIC(R)スコアが高いほど、年収は高い!? スコア別平均年収 - 年収600万円以上の高年収・マネジメント転職なら、インテリジェンスのDODA - 日経ビジネスOnline Special

大事なのはTOEICスコアではなく英語力?

TOEICのスコアを追い求めるのも良いのですが、年収や転職の視点から考えると、大事なのはTOEICスコアではなく、英語力があるか否かですよね。

TOEICは英語力を図る物差しとしてよく使われていて、参考書なども多く出版されているので、英語に取り組む際のキッカケとしては使いやすいです。

ただ採用側の視点に立って調べてみると、TOEICのスコアが高ければ一概に良い訳ではない事が分かりました。

人材紹介会社JACの調査によれば、転職後の年収の高さはTOEICのスコアよりも、自己申告に基づく英語力に比例するといった結果が出ています。

つまり、TOEICの点数が高いから年収が高くなるのではなく、英語力のある人がTOEICを受けると高得点を取りやすい傾向にあるため、結果としてTOEICのスコアの高さと年収の高さに相関が出てるようです。

英語力・TOEICと年収・転職決定率|グローバルホワイトカラー調査レポート|人材紹介サービス|英語力、専門職、管理部門の人材採用なら人材紹介会社JAC

英語力が年収に直結する!

転職に関するサービスを提供しているビズリーチが、年収750万円以上のビジネスパーソンの英語力を調査から、やはり英語力が年収にもろに影響を及ぼす事が分かっています。

英語力別の平均年収をみると、ネイティブが1354万円、ビジネスレベルが1174万円、日常会話レベルが1037万円、基礎会話レベルが1003万円、英語を話さない人が976万円。ネイティブと英語を話さない人では378万円の差となった。

英語を話せないことで、年収が378万円違ってくるのは結構衝撃じゃないですか?日本では英語力なんて大して影響ないと思っていましたが、日本の平均年収レベルの差が1年で出てくるとは驚きです。

また、ビズリーチで転職が成功している人の8割以上が日常会話以上の英語力を保持していたとの事なので、英語力が転職を有利にするってのも、やはり正しいと言えそうですね。

英語力を強く印象づけるのはスピーキング!皆ができない事で差別化しよう!

なんでもそうですが、希少価値がある人は重宝されますし、評価されやすいですよね。

英語力が高い人の需要は高いので、日本内では今でも十分に差別化要因ではありますが、さらに自分の価値を高める方法があります。それは英語のスピーキングとリスニングの力を高める事です。

自分はビジネス英語には全く自信ありませんし、文法もめちゃくちゃですが、発音とリスニングには自信があります。

その結果、英語を活用するwebでの電話会議や電話でのやりとり、直接会って調整が必要な重要な場面で声をかけて頂けるんですよね。

鍛える為には、英語でたくさん会話しよう。

スピーキング力とリスニング力が一番鍛えられるのは、間違いなく英語で会話をする事です。

自分が12歳でイギリスに初めて行った際には、友達を作りたい一心で拙いながら英語で現地の人たちに話しかけていました。

半年も立つ頃には日常会話程度なら、特に考える事もなく話せるようになっていましたが、机に向かって半年勉強を続けていても、日常会話ができるようにはならなかったでしょう。

海外に行く前には参考書に一生懸命取り組みましたが、授業中に黒板を写す時とメールする時くらいにしか役に立たなくて、していたのを今でも覚えています。

直接海外行くのは無理でも、今はネットの時代だ!

一番いいのは海外に直接行って生活する事ですが、そんな簡単にはいきません。それならせめて、ネット上でも良いから英会話にチャレンジしてしてみましょう。自分も英語力を保つため、時間を見つけて月に2,3回は活用しています。

DMM英会話 では無料会員登録を済ませて、その場ですぐに英会話を始める事が出来るので、やる気にみなぎってる内に登録から英会話の実践まで試してしまうのがおすすめです。

会員登録が無料なのはもちろん、2回までは完全無料で体験レッスンを受ける事が出来るので、可愛いお姉ちゃんやイケメンのお兄さんと、無料でお喋りを楽しみましょう笑

まとめ

TOEICで高い点数を取っている事によって、年収も上がり転職も有利になる事は事実でした。ただその本質はTOEICの点数が高いことよりも、実践的な英語力が身についているかどうかが大事なようです。

比較的簡単に人との差別化を図れる英語のスピーキング力を鍛えて、活躍してみるのは如何でしょうか?