20代 3日坊主が 色々と

20代、元3日坊主が日々を少し豊かにするTipsを発信します

ホットアイマスクは低温火傷しないのか?寝る時につけて良いのか?について調べてみた!

スポンサーリンク

f:id:jai4408huro:20170914075026p:plain

質の良い睡眠を取る事ができると、最近話題のホットアイマスク。

自分もお昼寝時に活用することで、お昼寝ライフを快適に過ごせています。

ただ使っていく内に、温度の高いホットアイマスクを、長時間にわたって目元という皮膚の薄い箇所につけていて、低温やけどしないのか気になって上手く眠れなくなってしまいました。。

そこで調べてみたところ、どうやら平均的な温度と時間(約40度程度で10分間)ホットアイマスクを付けている位では、低温やけどしない事が分かったので、記事にしてみます。

 

ホットアイマスクって付けたまま寝て良いの?

ホットアイマスクの大ヒット商品である、花王の「蒸気でホットアイマスク」。

花王のサイトでは、「蒸気でホットアイマスク」をつけたまま寝ても問題ないと、告知されています。

花王 めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 製品のご紹介

「蒸気でホットアイマスク」の持続時間は約40度で10分間程度なのですが、他の同様の商品でも、同様の持続時間である事が多いみたいです。

また、ネットで寝る際のホットアイマスクの利用について調べてみると、ぐっすり寝れるし、疲れが取れると、多くの人がホットアイマスクを寝る前だけでなく、付けっぱなしで寝落ちしている事がわかりました。

ネットで検索してみても、どうやらホットアイマスクのせいで低温やけどしてしまったなんて人はいないみたいですね。

低温やけどってどのくらいでなるの?

日本熱傷学会によると、心地とされる温度(40度~50度)でも、長時間皮膚に接触しているとやけどする可能性があると指摘されています。

具体的には、50度なら3分程度、40度なら6時間程度の接触で低温やけどしてしまうそう。

「蒸気でホットアイマスク」の温度は約40度なので、10分×36回に渡って連続で利用したら、低温やけどの可能性があるって事ですが、さすがにありえませんよね。

一般社団法人 日本熱傷学会【熱傷(やけど)に関する簡単な知識】

低温やけどを気にせずホットアイマスクを利用しよう!

どうやら異常な連続使用や、USBタイプのホットアイマスクを付けっ放しで寝てしまうなんて事をしない限りは、ホットアイマスクでやけどする事はないと言えそうです。

低温やけどの事は気にせずに、あなたの睡眠の質を向上させてくれるホットアイマスクをガンガン利用してみてくださいね!

関連記事

会社でのお昼寝を最高に快適にするおすすめ快眠グッズ3選!! - 20代 3日坊主が 色々と